フランス語 教室 学校。

アテネ・フランセはフランス語コースや各種の教室にて良質な講師陣の下、学べる学校です。

2017年 夏期特別講座

フランス語で学ぶ「コト」

〜「モノからコトへ」体験型授業のススメ〜

「モノ消費からコト消費へ」。そんな言葉をよく耳にします。モノを所有する代わりにワクワクする体験を購入するという最近の消費傾向です。今年の夏は「モノからコトへ」をコンセプトに、教室を飛び出してフランス語で楽しい体験をしてみませんか?






夏期フランス語特別講座 フランス語で学ぶ「コト」1

ペタンクに親しむ

フランス生まれのスポーツ
「ペタンク」を知っていますか?

ペタンクは南フランスで生まれ、ヨーロッパを中心に世界各地に老若男女の愛好者がいるスポーツです。ペタンクはフランス人の生活や文化に根付いたスポーツで、日本でもペタンクの競技用語には「ビュット」「ポワンテ」「ティール」といったフランス語が用いられています。そこで、ペタンクの文化や歴史を紹介しながら、プレーに必要なペタンク用語を学びます。授業の最終日には、インストラクターの指導で実際にペタンクを楽しんでみましょう。

世界選手権日本代表元コーチのてほどきでペタンクを体験

最終日は渋谷区スポーツセンターのテランで、世界選手権日本代表元コーチの指導を受けます。ボールの握り方、投げ方、ゲームの進め方などの基本練習を経て、練習試合にトライします。
※当講座は渋谷区コミュニティスポーツ・レクリエーション協会様の多大なるご協力を頂いております。受講料には、ペタンクのプレー代も含まれております。

開講日時
7/21〜8/4 週1回 (金曜日) 10:00〜11:50

フランス語受講レベル
初級 DELF A1(仏検3級程度)

受講料(定員15名)
12,500 円 (7/11 迄) / 13,500 円 (7/12 以降)

担当講師:ジェレミー・プティジャン

モンペリエ第III大学Master1。専門はフランス語教授法。フランス、インドネシア、東京の語学学校で豊富なフランス語教育経験を持ち、DELF/DALF試験官の経験もあり。アテネ・フランセでは、総合講座初級〜上級、単科聞き取り会話や法人向け企業研修等を担当






夏期フランス語特別講座 フランス語で学ぶ「コト」2

フランス語でワインを語る

すっきり辛口
香りはフルーティー
フランス語で言うと?

素敵なワインに出会ったとき、思わずその美味しさを誰かに伝えたくなりませんか。ワインの香りや味わいを表現するのは、ワインの知識だけでなく、特殊な用語や言い回しが必要になります。そこで、フランスのワイン文化や歴史を紹介しながら、ワインを語るために必要な語彙や表現を学びます。授業の最終日には、レストランで数種類のワインをテイスティングしますので、授業で学んだことを活かして、ワインの美味しさを表現してみましょう。

テイスティングはレストラン KEISUKE MATSUSHIMA

お楽しみのテイスティングは、フランス・ニースに本店を置く、渋谷区神宮前のレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」にて行います。赤・白数種類のワインをテイスティングします。
※当講座は料理研究家の内坂芳美先生、日仏商事株式会社様、レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」様(http://www.restaurant-i.jp)の多大なるご協力を頂いております。受講料には、ワイン代も含まれております。

開講日時
7/26〜8/9 週1回 (水曜日) 14:30〜16:20

フランス語受講レベル
中級 DELF A2/B1(仏検準2〜2級程度)

受講料(定員15名)
14,500 円 (7/11 迄) / 15,600 円 (7/12 以降)

担当講師:エリック・フルニエ

プロヴァンス大学修士。専門は英語学。CAPES(中等教育教員適性証)取得。中学・高校、語学学校、企業向け法人講座等で豊富な教授経験を持つ。現在、アテネ・フランセでは、総合講座初級〜上級、視聴覚クレディフ、書取、読解上級、聞き取り会話等を担当。






夏期フランス語特別講座 フランス語で学ぶ「コト」3

フロマージュを楽しむ

チーズ!
チーズ!!
チーズ!!!

とにかくチーズが大好き!そんな方におすすめするチーズの特別講座です。チーズのタイプ、チーズの歴史、チーズの産地、チーズの専門用語を学びます。授業の最終日はチーズの専門店を訪れ、チーズのシュヴァリエの解説を聞きながら、フランスを代表するチーズのテイスティングをします。集まれ Accro au fromage!

シュヴァリエ猪股氏とチーズ専門店フェルミエのコラボレーション

最終日は、チーズのシュヴァリエ(オフィシエ)猪股陽子氏をナビゲーターにお迎えし、ナチュラルチーズ専門店フェルミエ(愛宕店)を訪れます。お店に入ると、コンテの熟成庫が目に入り圧巻です!そしてテイスティングはフランスを代表するナチュラルチーズ5種を予定しています。
※当講座は、チーズコンサルタント猪股陽子先生、ナチュラルチーズ専門店「Fermier(フェルミエ)」様(https://www.fermier.co.jp)の多大なるご協力を頂いております。受講料には、最終日の飲食代も含まれております。

開講日時
8/16〜8/30 週1回 (水曜日) 14:30〜16:20

フランス語受講レベル
中級 DELF A2/B1(仏検準2〜2級程度)

受講料(定員15名)
16,500 円 (8/9 迄) / 17,800 円 (8/10 以降)

担当講師:ステファン・ルロン

国立東洋言語文化大学日本語学科卒業。パリ第III大学修士(外国語としてのフランス語教授法)。フランスと日本の語学学校や企業向け法人講座、大学等で豊富なフランス語教育経験を持ち、技術翻訳の実績も併せ持つ。食べることが大好きな美食家の一面も。






夏期フランス語特別講座 フランス語で学ぶ「コト」4

ヨーロッパ彫刻巡り

 

ロダンから
ジャコメッティへ
現代彫刻のパノラマ

現代彫刻に大きな影響を与えたオーギュスト・ロダン。極端に細い独特の彫刻を生み出したジャコメッティ。抽象彫刻の先駆者ブランクーシ。本講座では、20世紀に活躍した現代彫刻家たちの軌跡を辿ります。有名な彫刻作品を紹介しながら、作品に込められた彼らのインスピレーションの根源に迫ります。当時の時代背景や思想潮流など、何が彼らを彫刻に駆り立てたのかを探っていきます。授業の最終日には、講師の解説でジャコメッティ展を鑑賞します。

国立新美術館で代表作を含む132作品とジャコメッティの軌跡を辿る

訪れるのは国立新美術館です。11年ぶりに日本で開催されるジャコメッティの個展は、代表作『歩く男I』を含む初期から晩年までの132作品が出品される大回顧展です。授業で学んだ背景知識を引き出しながら、講師の解説とともに作品を鑑賞しましょう。
※受講料には「国立新美術館」の入館料は含まれておりません。ご自身でチケットのご購入をお願い致します。

開講日時
7/21〜8/4 週1回 (金曜日) 10:00〜11:50

フランス語受講レベル
上級 DELF B1(仏検2級程度)

受講料(定員15名)
11,700 円 (7/11 迄) / 12,600 円 (7/12 以降)

担当講師:フランク・ブッシェ

パリ第VII大学修士。専門はフランス近代文学。同大学にてFLE(フランス語教授資格)を取得。パリ、中国大連、東京でフランス語教育の豊富な経験を持つ。現在、アテネ・フランセでは、総合講座初級〜上級、単科文法中級、フランス文学、仏検対策講座等を担当。






夏期フランス語特別講座 フランス語で学ぶ「コト」5

通訳ガイドに挑戦

芭蕉の世界を
あなたらしい
フランス語のガイドで

年々増加する外国人観光客。アジアからに加え、欧米・アフリカからの観光客もいますので、日本の名所をフランス語で案内するニーズも増えてきています。そこで、ガイドに必要となる日本の文化や歴史をどのようにフランス語で説明するかを学び、授業の最終日は、学んだことを実践するための課外授業を行います。テーマは江戸時代に活躍した俳聖・松尾芭蕉。担当講師が日本を知らない観光客役、受講生の方がフランス語のガイド役になり案内します。あなたらしいガイド方法をぜひ見つけてください。

芭蕉記念館深川江戸資料館でフランス語ガイドに挑戦

ガイドに挑戦するのは、江東区の「芭蕉記念館」と「深川江戸資料館」を予定しています。松尾芭蕉の歩んだ軌跡と江戸庶民の暮らしについてフランス語で紹介してみましょう。
※受講料には「芭蕉記念館」と「深川江戸資料館」の入館料は含まれておりません。ご自身でチケットのご購入をお願い致します。

開講日時
8/11〜8/25 週1回 (金曜日) 14:30〜16:20

フランス語受講レベル
上級 DELF B2(仏検準1級程度)

受講料(定員15名)
11,700 円 (8/4 迄) / 12,600 円 (8/5 以降)

担当講師:ロドルフ・ディオ

大学教授資格Agrégé。国立東洋言語文化大学DEA。専門は日本語。日本の言語・文化に精通し、東京の大学で豊富なフランス語教育経験を持ち、翻訳実績を合わせ持つ。現在、立教大学のフランス語講師として活躍中。アテネ・フランセでは、単科講読上級を担当。