ギリシャ語 ラテン語 学校。アテネ・フランセでは良質な講師陣の下、ギリシャ語とラテン語を学べます。

アテネ・フランセのギリシャ語とラテン語

 アテネ・フランセでは、1916年から古典語(古典ギリシャ語・ラテン語)の授業をおこなってきました。それは創立者のジョゼフ・コットがギリシャ・ローマ文明の専門家であり、フランス語・フランス文明の深い理解のためには西洋古典の知識が不可欠であると考えたからでもあります。以来アテネ・フランセは日本の西洋古典学の発展に大きな貢献をした人々を輩出してきました。例えば現在でも広く読まれている『ラテン語四週間』(大学書林)の著者である村松正俊氏は、アテネ・フランセ創設以前から東京帝国大学でジョゼフ・コットのもとに学び、後にアテネ・フランセで古典語を講じました。またドイツ語学の大家関口存男氏や、『初級ラテン語入門』(白水社)の著者有田潤氏もまたアテネ・フランセで古典語を学びました。

 しかし、アテネ・フランセのギリシャ語・ラテン語クラスは、西洋古典の専門的研究を志す人のためにのみあるのではありません。作家の吉田健一氏や精神科医の神谷美恵子氏もアテネでギリシャ語、ラテン語を学びましたが、西洋古典を通じての人間精神の理解が、彼らのその後の活動に大きな影響を与えたことは間違いありません。現在でも言語や歴史だけでなく、美術、思想、宗教、法律など様々な分野に関心を持った人々がアテネ・フランセでギリシャ語・ラテン語を学んでいます。

ラテン語

フランス語のほとんど総ての語彙はラテン語から出ているので、ラテン語を知れば一語の原義にさかのぼってその理解を深めることができます。

フランス語の文献にはラテン語の引用が少なくなく、また一見単純に見える文章中にもギリシャ語・ラテン語の諺・伝説・信仰・文学・歴史にわたって隠れた引用がしばしばあり、これを完全に理解することはラテン語の知識がなくては不可能なことです。

フランスでもフランス語・フランス文学を専攻する学生には、ラテン語の習得が推奨されています。

夏期講習 ラテン語 クラス一覧

ラテン語入門体験講座

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
XLTI-40/88/16-8/30 11:00-11:50 島崎 1 3 ¥4,600 ¥4,900
【夏期限定】ラテン語を始めてみたいという方のための体験講座です。早期優遇 8/9迄

ラテン語入門

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
火木 XLI-867/24-8/30 18:30-20:20 小倉 4 24 ¥28,500 ¥30,700
「LINGVA LATINA」1課〜

ラテン語中級

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
XLM-317/25-8/29 13:30-14:20 島崎 1 6 ¥8,600 ¥9,200
「HISTOIRE」TITE-LIVE(事務所配布)

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
XLM-617/21-8/25 13:30-15:20 島崎 2 12 ¥16,100 ¥17,300
「VITA ROMANA」30課から

古典ギリシャ語

伝統あるアテネ・フランセの古典ギリシャ語クラスです。

西洋文学の源泉といわれるギリシャ文学。そのギリシャ文学の代表的な方言であるアッティカ方言を中心に学びます。

入門、初級、中級、上級の各クラスが用意されており、入門・初級クラスではオリジナルのプリント教材を使用しながら基礎力を身に付けます。

中級・上級クラスでは、プラトーンやホメーロスなど、豊饒な古典の原文を講読します。

夏期講習 古典ギリシャ語 クラス一覧

ギリシャ語入門体験講座

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
YGTI-60/88/11-8/25 11:00-11:50 島崎 1 3 ¥4,600 ¥4,900
【夏期限定】ギリシャ語を始めてみたいという方のための体験講座です。早期優遇 8/4迄

ギリシャ語初級復習

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
YGRE-607/21-8/25 10:00-10:50 島崎 1 6 ¥8,600 ¥9,200
【夏期限定】やさしい文章を講読しながら初級文法の復習をします。プリント(事務配布)

ギリシャ語中級1

曜日 クラス記号 期間 時間 講師 週時間数 総時間数 優遇料金 通常料金
YGM-617/28, 8/11, 8/25 13:30-14:20 兼利 1 3 ¥4,600 ¥4,900
抜粋テキスト(事務所配布)P51(3)から

講師一覧
東京家政大学元教授。アテネ・フランセでフランス語とラテン語を学び、教授資格ブルヴェ(Brevet)を取得。半世紀以上に渡ってフランス語とラテン語教育に尽力し、現在アテネ・フランセでは、「ラテン語上級」を担当。
安田悦子
アテネ・フランセでフランス語、古典ギリシャ語、ラテン語を学び、教授資格ブルヴェ(Brevet)を取得。フランス語と古典語の講師を経て、現在アテネ・フランセでは「ラテン語入門」と「ラテン語初級」を担当。
小倉泰治
早稲田大学仏文科卒業。アテネ・フランセでフランス語、古典ギリシャ語、ラテン語を学ぶ。語学教育の他、アニメ版『テルマエ・ロマエ』のラテン語監修や、クセナキスのオペラ作品『オレステイア』上演に協力してアイスキュロスの翻訳なども手がける。
島崎貴則
東京大学大学院修士、フランス国立リモージュ大学博士。専門は西洋古典学。現在、信州大学人文学部教授。日仏ギリシャ・ローマ学会事務局長。『ギリシャ喜劇全集』(共訳)など、著書・訳書の実績を多数有する。現在アテネ・フランセでは、「ギリシャ語上級」を担当。
野津寛
早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程(哲学専攻)単位取得退学。大学で古典ギリシャ語、ラテン語、神話学、哲学、倫理学等の講座を20年以上担当。『キケロ-選集』 第10巻、第16巻(共訳、岩波書店、2000年、2002年)、『セネカ哲学全集』 第1巻、第4巻(共訳、岩波書店、2005年、2006年)など、著書・訳書の実績を多数有する。
兼利琢也